TOEICスコアアップのためのアプリ紹介

TOEICスコアアップのためのアプリの紹介

普通、英会話は、単に英語による会話ができるということではなく、、よく英会話を聞いて日本語と英語の違いを判別できるということや、表現のための勉強という意味がこめられています。

 

いったいなぜ日本人達は、英語で言う「Come on」や「Good morning」といった発音を、発音を区切って「カム・オン」や「グッド・モーニング」といった感じに発音するのでしょうか?

 

こういうフレーズは「カモン」「グッモーニング」と発音するものです。

 

有名なDMM英会話という名前のオンライン英会話スクールがありますが、最大規模の英会話学校で、とっても評判の良いスクールです。

 

ここでは、いつも暗唱していると英単語が、脳に記憶されるので、早い口調の英語のやり取りに対応するには、ある程度の回数繰り返すことでできるものです。

 

ところで、「スピードラーニン」のアプリは、聞き流すだけで、英会話が自然と、口から出るようになると言われており、英語が使えるようになるには、英語固特有の音を英語特有の音にすることが大切です。

 

もし、あなたが、多くの単語の暗記に悩んでいるのでしたら、そうしたことはすぐにやめて、ネイティブに英語を話す人の話し方を正確に聞き取ってみることです。

 

TOEICの受験を考えているとしたら、スマートフォンのアプリである「TOEI Listening Right」という英会話プログラムが、ヒアリング能力の向上に非常に効果があります。

 

このアプリを使用して、最初に直訳することは排除し、欧米人がよくやる表現を模倣しましょう。

 

日本語独自の考え方であいまいな文章を作らないようにしましょう。

 

一般的な表現であれば、それを英語の単語に変換しただけでは、普通の英語になりません。

 

英会話の全体的な力を育成するために、NHKのラジオ英会話というプログラムでは、題材に合わせた対話をして「話す能力」が、また英語のニュースや、英語の歌等の多岐にわたる教材を用いることによって聞き取り能力が体得できます。

 

英語には、いわば普通にはない音相互の関連があることがお分かりでしょうか?

 

このような事を理解していないと、たとえリスニングを重ねても、全て聞き取ることができません。

 

こんな意味だったという会話のフレーズそのものは記憶していて、そのような単語を何回も聞いていると、その不確かさがしだいにしっかりしたものになってきます。

 

多数のイディオムを学習すると、英語力を向上させる上では必要な学習のやり方であり、ネイティブスピーカーは、話しの中でしばしば慣用句というものを使います。

 

スピードラーニングのように家事をしながら同時にリスニングすることも重要ですが、アプリを使って1日25分位集中して聞くようにし、話し方の練習や英文法の勉強は、確実に聞き取ることができてからしてください。

 

第一に文法は英会話に必須なのか?といったディスカッションは事あるごとにされてますが、私の経験談では文法を勉強しておくと、英会話を理解する度合いが向上しますので、後のTOEICの受験にも役立ちます。