TOEICの学習の続け方

TOEIC学習の続け方

何か仕事をしながら同時に英語をバックグラウンドミュージックのように聞く事もとても大事なことですが、1日30分でも良いですからよく聞き取るようにして、会話の練習やグラマーの勉強は、完全に聞き取ることをやり終えてから行ってください。

 

TOEIC受験のために、英語の警句や故事、諺、格言などから英語の学習をするという方法は、英語の勉強を長く継続していくためにも、ぜひ、取り組んでいただきたいことです。

 

英語を読む勉強と英単語を暗記することは、まぜこぜに同時にしないで、英単語を記憶することに一点集中してしたほうが良いと思います。

 

TOEICや英検などの英語技能検定試験は、一年の間に何回かはあるのですが、早々毎回受験することは難しいものです。

 

インターネット上には、TOEICなどの模擬テストのサイトがありますので、これなら日時を気にせず、自宅から模擬試験が受けられますので、TOEICの試験前には試しに受けてみたほうが絶対オススメの方法です。

 

また、自分だけでTOEICに取り組むのではなく、周囲にアメリカ人、イギリス人、オーストラリア人などのネイティブがいれば、その人達を英語で実際に話すことは効果があります。

 

TOEICは、その人が英語を不自由なく話せることを評価する試験ですので、自分が言いたいことを言えて、書ける様になることが大前提です。

 

英会話力を向上させるには、英語ヒアリングやスピーキングを何回も何回も練習して、使える英会話を身につけるのが大切とされています。

 

TOEIC受験で有名なオンライン英会話のDMM英会話は、TOEICの筆記試験や面接試験受験対策のコースがあります。

 

そのコースのマンツーマンレッスンでは、聞き取りはもちろんスピーキングでも上達したい方たちにうってつけの授業を外国人講師がしてくれます。

 

英語だけしか使えないレッスンですので、日本語から英語へ、英語から日本語へと頭のなかで変換、翻訳するのではなく、聞いたこと、話すことを英語の思考方法でダイレクトに会話するいわゆる英語脳を構築しています。

 

TOEIC用の英会話の総合力を向上させるために、NHKのラジオ英語講座番組では、季節の題材にフィットする英会話により話す力を育成し、さらに簡単な英語ニュースや欧米のヒットソングなどのアイテムによって聴く力も体得できます。

 

私の友人は、ネット上のTOEIC受験対策サイトを見つけて勉強した結果、わずか1年半の期間で、アメリカのマサチューセッツ工科大学大学院に合格できるくらいの英文法、ボキャブラリーを身につけることができました。

 

また、学習教材で有名な「ローリングストーン」は、全く日本語を使用しないで、英語にどっぷり漬かるようにして、英語を頭に叩き込むというイングリッシュボンバーという名の勉強メソッドを構築してます。

 

このような方法で、英会話が習得できたらってきたら、日本語を英語で通訳するようなことは止めて、直感や印象を英語で把握して、そのまま口にだすようにしてください。

 

難しそうですがコツを掴むと、日本語と英語変換が無くなりますので、英会話の速度が劇的に速くなります。

 

英会話の勉強は、初心者であれば日常英会話で頻繁に出てくるベーシックな例文やフレーズを繰り返し練習して無意識に出てくるようにすれば効果が想像以上に上がります。